top of page

関西オープン4連覇達成のご報告

更新日:2021年11月1日

カリスバーのお客様皆様へ、いつも応援ありがとうございます。2021年10月23-24日に開催された関西オープン・プロオープン部門を制し、4連覇を達成したことをご報告させていただきます。2007年東京オープン・アマアドバンス部門出場での公式戦デビューから14年、私の人生の中で『4連覇』という物語が待っているとは夢にも思いませんでした。

2018年関西オープン初めての優勝は2日間大雨の中でした。2019年2連覇のときはWorlds帰りで心はまだアメリカでした。2020年3連覇のときは新型コロナウィルスが世界に蔓延し、日本でもディスクゴルフのイベントが続々と中止になる中で、ようやく再開した公式戦が関西オープン。ディスクを投げる喜びを噛み締めながらの優勝でした。そして今年、昨年と状況は似ていますが私の中で大きく違う出来事がありました。それは、このカリスバーを始めたことです。カリスバーのお客様に優勝の報告をしたい!という強い想いで投げ抜き、4連覇の中で一番感慨深い大会となりました。

4連覇達成直後は、優勝できたことへの安堵感が大きく、まだ偉業の実感はありませんでした。その後帰宅してふと4年という長い歳月を思い返したとき、自然と涙がこみ上げてきました。

皆様にとってこの4年間はどんなことがありましたか?生きていれば自分自身はもちろん、周りの環境など多くの物事が変化していくには十分過ぎる時間ではないでしょうか。その中で4年間健康に過ごし、大会に出場し続けてきたことを誇りに思います。丈夫な身体に産んでくれた両親に心から感謝しています。

また4連覇という響きは美しいですが、4回優勝する間にはたくさん負けてたくさん泣いてきたのも事実です。そしてその過ごしてきた毎日はとんでもなく地味なものです。練習も思うようにいかないことがほとんどです。それでも地味を地道に積み重ねて歩み続けたこの道程こそが、私の誇るべき宝物だと思っています。そしてそんな毎日を過ごすことができたのはディスクゴルフが大好きだからです。楽しいからです。その楽しさを増幅させてくれる仲間たちにも心から感謝です!

4年間の道程を振り返り思うことは、何年後の未来を変えることは難しいけれど、変えることのできる今日を努力し積み重ねることが未来を変えることのできる唯一の方法なのかなと感じています。それで未来を変えられる保証はどこにもありません。ただ言えることは、今日その一歩を踏み出さなければ明日を変えることはできないということだけです。

カリスバーでは上手くなる秘訣、強くなるための近道は教えられないかもしれませんが、ディスクゴルフの楽しさは溢れるほどお伝えできる自信があります!そして同じくディスクゴルフが大好きなお客様とのお話こそに、上手くなるためのヒントが散りばめられているのではないでしょうか。今後とも皆様と一緒にディスクゴルフの楽しさを共有・共感できる場をご提供していけるよう、誠心誠意努めてまいりますので応援よろしくお願いいたします!


カリスBAR マスター

福田孝一


閲覧数:116回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Opmerkingen


bottom of page